転居に伴う諸手続|初めての単身赴任ガイド|引っ越し費用を事前に確認

初めての単身赴任ガイド|引っ越し費用を事前に確認

転居に伴う諸手続

荷造り

前日までにやること

入進学や就職・転職・転勤などで転居することが決まったら、引っ越し業者を手配することになります。早めに業者に相談して見積もりをもらって業者を手配すること以外にもやらなければならない手続きはたくさんあります。子どもがいる場合は学校に転出の連絡、電話移転、大家に退去の連絡も必要です。引っ越しの2〜5日前までに終わらせたい手続きが電気ガス水道の停止と転居先での開始の連絡、荷造り、手伝ってくれる人への連絡、そして前日までには引っ越し業者と再確認、隣近所へのあいさつ、引っ越し業者に運んでもらう荷物以外で貴重品等の手荷物品の確認などです。やらなければならない手続きがたくさんありますので、スケジュールを立てて行動することです。

当日以降にやること

引っ越し当日は、業者の荷物積み込みに立ち合います。旧居では積み残しが無いかの確認も行います。荷物を全部搬出したら家屋内の清掃を行います。新居に到着し搬入を行ったら、家具や家電などの配置や荷物の整理を行います。荷物の整理が済んだら、それ以外にも手続きがあります。電気ガス水道の使用開始、新聞の購読、不用品の始末、近所へのあいさつなどがあります。また、役所に転入届を出さなければならないです。健康保険や印鑑証明の手続きもありますので、何度も役所に通うことがないように1回で終わらせるようにします。新居でインターネットを使う方はプロバイダーの契約も行います。事前にやることが分かっていればスケジュールも立てやすいので手際よく作業ができスムーズに引越しができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加