初めての単身赴任ガイド|引っ越し費用を事前に確認

お得に安く予定通りに

子供

一括見積りサイトは、見積り依頼をする手続きの手軽さと簡単さで引っ越しを考えている人に人気があります。家族で引っ越しをする場合は、早めの準備を心がける事と相場を把握して安すぎる引っ越し業者は避ける慎重さが必要です。

会社都合の引っ越し

女性

引っ越し会社を選ぶ

単身赴任をする時には、会社が引っ越し会社を手配してくれることもあります。また家具や家電がついているマンションなどに住むことで、初期費用が少なくなるため引っ越し先は家具つきのところが良いでしょう。引っ越し会社を自分で手配する場合でも、会社が費用を負担してくれることが多いため自分の使いやすい引っ越し会社を選べる場合には比較して選ぶようにしましょう。単身赴任の場合は一般的に一人暮らしになりますので、ワンルームマンションなどの単身向けマンションを契約することが多くなります。引っ越しの際は荷物は少なくしておくと、当日から荷物の片付けに追われずに済みます。必要なものは、現地で購入するようにしても良いでしょう。

サポートを使って

単身赴任の際は、会社が指定の引っ越し会社を決めていることがあります。指定以外の引っ越し会社が利用できないこともありますので、あらかじめ会社に確認しておくことが大切です。また引っ越し先も、社宅などが用意されていることがあります。指定の引っ越し会社であれば、その社宅に入る人をすべて担当していたりしますので、スムーズに引っ越しが進むことが多くなっています。プランなどを選べるのであれば荷解きや荷物の片付けを手伝ってくれるプランにしておくことで、単身赴任後も仕事がやりやすくなります。引っ越し会社のサポートを上手く利用しましょう。単身赴任は基本的に数年間程度であることが多いため、家具や家電はレンタルで済ませる人も多くなっています。

安くて安心できる会社で

お金

引越しにかかる費用は高額のため、なるべく安く済ませたいというのが本音です。まずは見積もりを複数の会社からとり、そこからさまざまな条件を見比べて納得できる数社に訪問での見積もりを行ってもらうようにすると良いでしょう。

転居に伴う諸手続

荷造り

引っ越しに伴う諸手続きは、業者を手配するだけでなくさまざまなことがあります。電気ガス水道の使用開始から近所へのあいさつ、不用品の始末、役所関係などがあります。事前にスケジュールを立てることで手際よくすすめられます。

このエントリーをはてなブックマークに追加